page icon

ドクターメイト採用情報

ようこそ!ドクターメイトへ


私たちの「すべての人生を右肩上がりにする」というMissionには、人生の最期の瞬間まで幸せであって欲しいという願いが込められています。
最期に近づくと必ずと言っていいほど出てくる介護。残念ながら現状は介護が始まると本人も、それを支える家族も苦しくポジティブな状態ではいられないことが多くなってしまっています。 そして、「医療体制が整っていない・介護現場の人材不足」などで高齢者やご家族を支える施設もとても苦しんでいます。
私たちはそんな状況を変えるために、「持続可能な介護のしくみを創る」というVisionを掲げて事業を展開しています。 現在は、最も負を背負い込みながら献身的に高齢者を支えている介護施設が医療をもっと身近に感じ扱うことができ、業務負担の軽減につなげるためにサービスを提供しています。

Pitch Book

会社紹介資料です。ドクターメイトについて幅広くまとめていますので、ご興味をお持ちいただけたら是非一度ご覧ください。(全画面で表示する場合はこちら。

Value Book

バリューをより具体的に、Do / Don’t 形式で作成しています。会社として最も大事にしている価値観なので、共感いただけた方にエントリーいただけると嬉しいです。

 

事業内容

ドクターメイトでは「介護における医療の不安をデジタルの力で0に」というサービスコンセプトを持って事業づくりをしています。

◆ 全国包括ケアシステム

💡
日本全体で限られた医療リソースをデジタルの力で日本全国からアクセスできることで、多くの現場を包括的にケアできる仕組みを提供しています。現在は、医療のエキスパート人材である医師と看護師がチームとなって利用施設からの問い合わせに対応しています。

日中医療相談


365日いつでも相談OK!ドクターメイトの専門の医師が回答するサービスです。全科対応しているのも強みのひとつです。
 

夜間オンコール代行


介護施設の看護師に代わり、ドクターメイトの看護師チームが夜間オンコールの対応を行います。

夜間オンコール代行をもっと詳しく知りたい方はぜひこちらもご覧ください

 

介護職向け医療教育サービス「Dスタ(DM-study)」

💡
2022年10月にプレスリリースをした新規事業です。これまで培ってきたノウハウと、医師・看護師・元介護職員の経験を活かし「介護現場の医療教育」に特化した教育サービスを、自社開発で提供しています。
 

新規事業の立ち上げをリードしたメンバーの座談会はこちらです

 

働き方 / ワークスタイル


個々の生活と働き方に向き合う経営を実践しており、リモート・フルフレックスの就業スタイルです。自由度が高い働き方をすることで、子育てや介護で家族と向き合う時間も大切にしつつ、業務にもしっかりとコミットできる環境を構築しています。
基本勤務時間:10:00~19:00(昼休憩1時間) 勤務日:月曜~金曜(土日祝休み) ※みなし残業:40時間含む ※グループ単位での出社推奨曜日あり

バーチャルオフィスのoVice導入中

働く時間と場所に縛られない働き方を実現した結果、カジュアルなコミュニケーションが取りづらいという課題が発生しました。
その対策として、バーチャルオフィスで気軽に話せる状態をつくることとリアルオフィスとの接続を実現しています。
バーチャルオフィス『oVice』について詳しくはこちらから
そもそも『oVice』とはなんですか?
バーチャル空間上にあるオフィスです。カメラやマイクを通じて、離れたところで働くメンバーとも気軽にコミュニケーションをとることができます。
まるでリアルのオフィスで話しているような感覚です。
↓実際のドクターメイトのバーチャルオフィスはこちら↓
※緑のアイコンは応対可、ピンクのアイコンは作業中
 
定位置はありますか?
基本的には、所属するチームのエリアを定位置としていますが、アバターを自由に動かして他チームのメンバーとも気軽にコミュニケーションできます。
普段はどのようにコミュニケーションを取ってるんですか?
話したい相手に近づき、マイクとスピーカーを通して声をかけるとすぐに会話ができます。
また、肩ポン機能を使うことでも、話したい相手に気づいてもらいやすくなります。
※肩ポン👋→話しかけたい相手に、話したい意思を示すことができる機能
複数人で会話したいときはどうするんですか?
リアルのオフィス同様、平場で会話できます。周りの人も徐々に会話に参加して、気がつけば数人で盛り上がることもあります。また、内容によってはoVice内の会議室に入室することで、周りを気にせずに話しをすることもできます。
話しかけられても対応ができない時間帯はどうするんですか?
休憩中やミーティング中は『離席中』、架電中や1人で作業に集中したいときは『作業中』に設定するようにしています。
 

入社オンボーディング施策もいろいろあります!

  • Welcome Lunch、Welcome Stay、WelcomeCCCなど、首都圏以外に住んでいても既存メンバーとの交流の場を持て、かつ、社内についても解像度を上げていけるような取り組みを行なっております。
 

募集職種

事業と組織の拡大に伴い、増員や新規ポジションで採用を進めております。 これからの日本社会を支える事業づくり、世界のモデルケースとなるビジネスを一緒に作っていく仲間になりませんか?

コーポレート
経理・財務 comingsoon...
法務 comingsoon...
コーポレートIT comingsoon...
販売管理 comingsoon...
 
医療(業務委託)
看護師 coming soon...
 
インターン
人事・採用 coming soon...
事業開発 coming soon...
セールス coming soon...
 
パート・アルバイト
 
 

Q&A

面談や面接で質問いただいた内容で、質問頻度が高いものをまとめました。

選考 / 働き方に関すること

Q. 選考フロー、期間はどれくらいですか?
A. 選考フローは、カジュアル面談 > 一次面接 > 二次面接 > 最終面接 が基本的な流れとなります。 ただし、職種によっては一次選考の次が最終面接となる場合があります。また、みなさんからのご要望で配属想定チームのメンバーとの座談会なども柔軟に実施しています。 選考期間は、2週間 〜 1ヶ月程度で完了を想定しています。
Q. フルフレックスという記載がありますが、コアタイムなどはありますか?
A. コアタイムは定めておらず、6時~22時の間で1日の就業時間を8時間としており柔軟な就業が可能です。月の総労働時間で勤怠管理を行っており、月での時間調整も可能です。
Q. 備品類の貸与はどのようになっていますか?
A. PCはMacBookを貸与いたします。外部連絡が必要な職種は携帯電話も貸与しています。
Q. 福利厚生はどのようなものがありますか?
A. 大きく3つの種類があります。1つ目は医療健康に関する福利厚生で、医師への直接相談や診療が無償で受けられる場合があります(※所定の条件あり)。2つ目はコミュニケーションに関する福利厚生で、社員合宿やランチ代補助、記念日休暇などがあります。3つ目は書籍購入費補助(※所定の条件あり)があります。
また、健康保険は関東ITソフトウェア健康保険組合に加入しています。

事業に関すること

Q. 新規事業について詳しく教えてもらうことは可能ですか?
A. 介護職向け医療教育サービス「DM-study(Dスタ)」をリリースいたしました。これまで培ってきたノウハウと、医師・看護師・元介護職員の経験を活かし、介護現場の医療教育に特化した教育サービスです。もっと詳しい詳細を知りたい方は、面接内でぜひご質問ください。
Q. 今後、医療介護領域以外の展開も考えていますか?
A. 原則考えておらず、業界領域に特化した総合サービスの提供を行っていく予定です。
Q. 医療の専門職採用はどのように行っていますか?
A. 主にリファラルが中心ですが、一部外部サイトも活用して採用を行っています。
 

Media & Story

プレスリリース以外の記事や社員紹介インタビューなどを一部掲載しています。

メディア

 

🗣️ 座談会

 

🎤 社員インタビュー

 

⭐️ イベントレポート

 

👀 内定者インターンがアドベントカレンダー25本すべて読んでご紹介!

 

💻メンバーの発信

毎年恒例(?)アドベントカレンダー企画!2023年は内定者インターンから始まりました🎉
12/1からクリスマスまで、総勢25名でつなぐnoteのバトンをぜひお楽しみください🎄✨
👇年1回のアドベントカレンダーだけでは物足りない!秋もnoteでバトン企画🍁
【秋のnote大運動会2023】
年1回のアドベントカレンダーだけでは物足りない!と、秋もnoteでバトンを繋いでしまいました💨
誕生日🎂に自らスタートを飾った代表取締役医師の青柳から、アンカーのCOO宮崎までの総勢13名がフリースタイルで執筆したnoteです。ごゆるりとお楽しみください☕️
↓どれを読もうか迷ってしまう!そんな方は内定者インターンが書いたこちらの記事からどうぞ↓
↓読みたい記事が決まっている方はこちらからごゆるりとお楽しみください☕️
👇2022年12月に実施したアドベントカレンダーはこちらからご覧いただけます
【 2022年12月 アドベントカレンダー 】

メンバーと話す


💬
介護×医療ドメインで更なる拡大に向けてCXO人材、経営経験者の方にご参画いただきたいと考えています。一度カジュアルに当社役員人とお話ししてみませんか?